自己破産 消費者金融

債務整理 金融会社

自己破産とは法律によって過去につくった借金をチャラにすることです。消費者保護の観点から非常に有利な法律といえますが、お金を貸す側(金融会社)からしてみれば、理由はどうあれ危険人物とみなされて当然です。

特に現在のような低金利で貸している状況では、貸したお金が返ってこないことは、経営を圧迫しかねない事態を招いてしまいます。

したがって、自己破産者への融資は余程のことがない限り、不可能と考えるべきでしょう。養子になって名前を変えるか、結婚して苗字を変えるといった方法もありますが、現在の情報社会ではそのような小手先の手法では直ぐに見破られてしまいます。